2011年08月02日

報酬請求権を明確化――法務省・民法見直しへ

民法の雇用に関する規定を見直しへ――法務省は、このほど民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理をまとめ、パブリックコメントに掲示した。8月 1日まで一般から意見募集している。判例法理としてほぼ確立している安全配慮義務、解雇権濫用法理を民法に反映させるほか、ノーワークノーペイ原則、使用 者の責めに帰すべき事由により労務が提供されなかった場合の報酬請求権の明確化などについて、再度議論を経たうえで要綱を決定する意向である。

労働新聞 7月4日 第2831号
http://www.rodo.co.jp/periodical/news/6272830.php
posted by Proofreader X at 04:39| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。